治療内容-つかもと鍼灸接骨院|大岡山の鍼灸接骨院

つかもと鍼灸接骨院の治療内容

今までに、整形外科を受診され、痛みからの解放を諦めている方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。「痛みとうまく付き合って行きましょう!」とか言われてませんか?当院では、今までの痛みの診断は間違った解釈ではないか? そう言う考えで治療に取り組んでます。

体のどこの痛みでも、ご相談ください。特に腰痛、膝痛には自信があります。

腰・膝の痛み治療

つかもと鍼灸接骨院はギックリ腰の治療に自信があります!
  • 長時間座っていることが多い
  • 猫背だと指摘される
  • 座ると脚を組む癖がある
  • よく同じ肩に鞄をかける
  • 重い荷物を持つことがある

腰痛治療

激しい腰痛やギックリ腰の経験はありませんか?
腰痛になると背骨の動きが悪くなり、身体を動かすことが出来なくなります。痛くて動けないのではなく、筋肉が硬くなってしまうことで動かせなくなっているのです。

このとき、硬くなった筋肉を力ませたり、引っ張ったりしてしまうと激しい痛みを感じてしまいます。これがギックリ腰です。

神経が関わってる訳では無く、原因は筋肉そのもの。
もっと詳しく知りたい方は院長ブログ「腰痛について」の記事へ

つかもと鍼灸接骨院では、硬くなってしまったを緩めて、柔軟性を引き出し、血流を戻す施術を行います。特にギックリ腰の治療には自信があります。腰痛でお困りの方は、つかもと鍼灸接骨院にご相談下さい。

膝の痛み治療

膝の痛みは関節や変形した骨ではありません。筋肉の痛みがほとんどでコンディションが悪くなると「痛い」と感じてしまいます。「座っていても、寝ていても膝が痛い!」と言う方はたくさんいます。関節に負担はかかってないのに痛いということは、関節負担説や体重負担説では説明がつきません。

膝の痛みの為にダイエットする必要はありませんよ!
もっと詳しく知りたい方は院長ブログ「膝の痛みの本質」の記事へ

つかもと鍼灸接骨院では、膝周りだけでなく、腰周りから筋肉の柔軟性を引き出し血流を改善する施術を行っていきます。「辛い膝の痛みをなんとかしたい!」と思われている方は、つかもと鍼灸接骨院にご相談下さい。

膝の痛みを腰から治療する理由はこちら↓
院長ブログ「膝の痙攣について」の記事へ

むち打ち治療

  • 首筋や肩にコリや痛みがある
  • 交通事故の数日後に痛みが出てきた
  • 頭痛やめまいが続く
  • 手足がしびれる
  • 体のだるさがとれない

「むちうち」とは急激な力が首にかかり痛めてしまう事を言います。 「寝違え」も程度が違うだけでこの類いと考えます。 首回りの筋肉の柔軟性を元回復させて、可動域を広げてあげれば苦痛から逃れられます。

むち打ち、寝違え状態がなかなか治らない!と、言う方は是非つかもと鍼灸接骨院の施術を試してみてはいかがでしょうか。

花粉症治療

鼻水・目のかゆみを止めます!現在施術中の方多数!

つかもと鍼灸接骨院の花粉症治療は、頚椎バランスを治し「鼻」の機能を取り戻す治療を行います。「アレルギーを抑える」ことではありません。空気中には常にウィルスなどの菌が飛び回ってる訳ですから、ある程度のクシャミ、鼻水は出てしまって当然なのです。これは異物を体内に取り込まないための防御反応なのです。

  • 蓄膿症・匂いが分かりにくい方
  • 頭痛がする
  • 頭がボーッとする
  • 耳鳴りがする
  • めまいがする

鼻水と目のかゆみ

本来なら鼻水は喉の奥に落ちて痰(たん)として排出されるのですが、花粉症により鼻が詰まってしまうことで鼻水が多く出ててきてしまいます。鼻水が奥に落ちていかない理由は、「鼻腔粘膜の腫れ(むくみ)」が原因です。アレルギー反応で粘膜が腫れてしまい、鼻水の通りが悪くなってしまうのです。この粘膜の腫れを頸椎から調整をして患部の血流を改善させることにより、状態を軽減することが出来ます。

花粉症の症状の一つ「目のかゆみ」は左右のどちらかが痒い事が多いようです。どうやら、ドライアイによって目に付いた花粉が流れ落ちない方が痒くなるのではないかと考えられます。顔面部の血流を改善する治療をすると、かゆみが収まってくるようです。涙腺に血流が行き届けば涙が花粉を流してくれることにより症状が良くなっていきます。

耳鼻科との併院も可能となっていますので、長年困っている方は是非試してはどうでしょうか。

※治療は週に1回が目安になります。
回数には個人差があります。数回で治る方もいますし、継続してることで薬を使わずにいられるという方もいらっしゃいます。

つかもと鍼灸接骨院へのお問い合わせはこちら

診察時間のご案内

院長の独り言ブログ

大井町線「中延駅」徒歩3分。都営浅草線出口1より徒歩1分。


大きな地図で見る